小豆37.25グラム

万年小豆色ブログ/最近は感情に任せて書きがち

2016年09月



日付タイトルでいつもタイトルを誤魔化してますが、一年経ったらどうするんでしょう。


A.無視して被る。


どうも。
そこまでブログにモチベがあればの話ですが


昨日の今日で語ることもないんですが、今週は実ラジから始まり抽選結果発表、むーん(略)、そのほか豪華リアルイベント(頓死)でバラエティ豊かな週になっていく予定です。死ぬ。

まずこれからアイカツスターズ!がリアルタイムで観れないだけで生きていく気力を大分失ってますからね。これが11月半ばまでほとんど毎週続くの地獄過ぎる。

とりあえず今は目の前のことに集中できる気力が欲しい。どこかに落ちてませんかね?


小豆はクイズブログではないのですが昨日は2回大会に出てアスペを発動して両方とも1落ちでした。


ちょっとこれからクイズ頻度を考えさせられる内容でした。

ジャパンツアーが来年もやる?らしいので来年の一大イベントを殺せたら全振りもあるかもしれません。

帰りに話したことない僕も車に乗せてくれたフロムスクラッチさん本当にありがとうございました(このブログを見ることはなさそう)



アフィブログでMahalo.の事が引っ張られてて暖まった。
声優本人がこういうの好まないので(まあ当たり前)なんですが、
コメントが否定的な点が少なかったのがまぁ嬉しかったのか幸いというか。

まぁいつ引退するにしても僕がしっかり割りきれるかどうかですね。

過去作を貪る人になりそう。
オタクではないので。


来期のアニメも全く知りませんが話題になってそうなやつの名前だけ確認しておくやつやると思います。観ません。

今週もよろしくお願いいたします。



最近みーんなクイズの強い人たちがクイズブログ開設してるのを見ると流行りってこう生まれるんだなあと思いました。

何人続くんだろう
個人的にはクイズ以外の要素が含まれてるブログを応援していきたいです。


小豆はクイズブログではないのでいつも通りのペースと話題で一人盛り上がっていきたいとおもいます

よろしくお願いいたします。



てーきゅうの主題歌がいよいよ近藤さんとトマリンのターンになって、ひたすら待ち続けた甲斐があったものだとおもいます。
アーススタードリーム(笑)のときは頭を抱えたのもいい思い出(ではない)

ってか8期ってのおかしない?
3分アニメの底力を見た。



他の話題…二日連続でデブラーメンを食べてしまったとかくっだらない話しかないので、
今週はドロン致します。





ブログ書けと強要されたので適当に書いてしまいましたが今回は

ゲームのことを書いていきます。
といってももうクリアしたの1カ月以上前なんですけどね。
せっかくなんで書いていこうということで


「YsⅧ-Lacrimosa of DANA-」
日本ファルコムのイースシリーズの新作です。

私はイースseven⇒フェルガナの誓い⇒ⅠⅡクロニクルズ⇒セルセタの順でプレーして
今作が5(6?)本目です。

パソコン版の奴できないからなあ。

正直もう片方の主力ソフトである「軌跡シリーズ」のアレ化(これは今後の記事で言います)
がやばいので、イースは信用できるだろうという期待も込めて購入。


☆ストーリー
冒険家であるアドル・クリスティン(おおーアニタイやん)は相棒のドギ(マッチョ)と
船に乗ってたらめっちゃでかい怪物に襲われて船が沈んだ。

目が覚めると見知らぬ島に漂流していて、
船に乗っていた乗客たちも散り散りになっているらしい?

そしてその島自体が「脱出不可能」とも言われる島で、未知のものである。
島の謎を解き明かしながら、
脱出する方法を探していく、といった内容。



http://www.falcom.co.jp/ys8/prologue.html


まあ、ここ読んでよね。このページに書いてあること大体話すから



☆キャラクター(プレイアブルのみ書きます)

①アドル君
めっちゃイケメンになってる…といいうのはさておき、
今作は今まで以上に相槌を打ちます(というよりしゃべります)

ポケモン時空みたいなものなのでアドル君は選択肢でを選ぶだけで
フキダシがでることはないのですが、
今回は選択肢を選ぶと相槌でしゃべったりします。

ただ性能としては…今までのアドル君とあまり変わらないし
seven、セルセタと代わり映えがなかった気がします。

主人公ゲーではなくなったのかもしれない

②サハド
ハンマーを持ったおっさん。
ガチのおっさんに興味はないのですが、今回のハンマー役としては
なかなかの威力と耐久力でしたね
セルセタではカンリリカ(cv小倉唯なんだが…)がハンマー役で
いささか耐久弱かったのが(>_<)

③ラクシャ
今回のチョロイン役。

本当にチョロかったけど、やっぱりイースのこういうヒロインはいいと思います。
軌跡とかに比べるとイースのヒロインって全く表に広がらないんだけど、

イースのヒロイン達ってなかなかヘンテコキチガイ多いですよ(失礼

細剣はやっぱり女性に持たせるべきもの。
これが前川みくと同じCVだとは思えないよ!

④ヒュンメル
スカシまくった十代(遊戯王)。
終始自分の目的に忠実だった。

銃の攻撃範囲としてはとても優秀だったけど、いかんせん他に愛着が沸きだしたのが…


⑤リコッタ
いや、今回のこの枠破壊力すごいですね…

褐色、ロリ、世間知らずで僕の範囲外だと思ってましたが
今作一番輝いてるキャラなのではないかと思います。

操作してて、やりとり見てて楽しい!ってキャラがいるとほんとプレイが進む。


⑥ダーナ

今作の完全なるネタバレ枠。
というか後半は彼女中心に物語が進みます。まあタイトルだしね。

性能はアドル君の上位互換だし、くるくる動き回る技の数々で
属性が被ってるアドル君操作する意味を失くすくらい有能。

ダブル主人公なのになんだこの差は

性格は神聖なものだしもっとかしこまったものを想像してたのに
ふたを開いたらおてんばでした…
びっくりだよ



☆ラクリモサ
世界を滅ぼすかどうかの審判。今回はこの世界が審判にかけられ、アドルたちが防ぐ。



アクション性としては前回のイースをさらに進化させて、
操作がとても快適になるように作られていました。

総括
歴代のイースの世界観のワクワクを損なわず、向上させたところはほんとに良かった。
まだまだイースは進化できるし、
少なくとも今の軌跡よりかは完成度がとても高いと思います。

欠点は…古代種(恐竜)みたいなのがキチガイみたいに他より強すぎるのと
トロフィーが一周でコンプリートできちゃうところかな。


ともかく買って損はしないソフトだと思います。


おわり




旅行
楽しかった。

クイズ
楽しかった。

ヤングガンガン
新たなフレーズが誕生してしばらくは笑に事足りる事案だった。

テレビ
観れなかった。

漫画
サイケと星野の新刊を買った。

このページのトップヘ