小豆37.25グラム

万年小豆色ブログ/最近は感情に任せて書きがち

カテゴリ: 推し


☆アイカツ!5thフェス
声優と歌唱担当が共演したり、その場で生アフレコがあったり…
アイカツ!シリーズのファンにはたまらなかった。
保村真さんが来てくれたこともあり、るか・ななせ「コズミック・ストレンジャー」が生で披露されたときは高まった。大好き。
そして2日目。
『アイドル活動!Ver.rock』
やばい。セイラちゃんがそこにいる…あの時は会場が本当に一体になってたと思う。それだけ人を巻き込める何かがその時メッセにはあった。
 
ふうりさんが居ればもっとコラボできたんだろうけど…それはぜひまたの機会に。
 


☆遅れてきた生誕祭!?
言葉では言い表せないくらい楽しかった。やっぱりライブって、いいよね。
チェキは同行者のフォロワーさんに当たったのが運ねぇな~とはおもいましたがw
充電期間がいつまでなのか、そしてその後何があるのか今は全然わからないけど、いつかその時までずっと待ち続けています。…すっかりファンですね。
アフターでは誕生日アピールをしておきました(
2人におめでとうを言ってもらえて、うれしかった。


☆早稲田祭
早稲田大学まで行ってきました。トークにゲームに、魅力を引き出せてたと思う。
ただ司会の人が面白すぎて、夏織さんの方がしっかりしてるように見えたw


☆怪獣娘(黒)
怪獣は全くわからないのですが、映画の内容はドタバタコメディで入りやすい内容でした。テレビ放送っぽいやつは本当につまらないのですが…
舞台挨拶は主題歌の話とかも聴けて、実のある内容だった。
○○○の話をされてしまったのは…まあ出てるからね


☆色づく世界の明日から トークショー
「色づく」の今までの話をおさらいしながら裏話とか。
本渡楓様が尊い…


☆Sunny Spot リリースイベント お渡し会
伝えたいことは伝えられたかな。


…今までのイベントを簡潔に書いてる理由は単純に貯まりすぎたのと、次の記事にて。



アギラミクラスウインダムの3○。
ダダ外し。
スペシウム光線。

ウルトラマンの出身は毎回M78か68か悩んでしまうタイプの知識ゼロオタク。
もちろん78です。


https://www.ulfes.com/2018/event/1233/
 
これに行ってきました。申し込みが誕生日イベント終わったすぐあと。チョロいオタクだなぁ~
月曜夜7時池袋とかハードル高くない?

それよりも
土曜誕生日イベント
日曜日リスフェス
そしてこの日 
と3日連続でイベントかつどれも早起きを強いられていた(自分比)ので会場向かう間眠気がやばかった。あとサンシャインってあんな建物だったっけ?最後に行ったのがもう小学生くらいなのかな…ナンジャタウンって何するところなのかとか全く分からないw

ウルトラマンとか怪獣とか前述の通り知識ほぼゼロに等しいので語ることが無いんですよね。なんか11月に限定公開という形で怪獣を擬人化した「怪獣娘」の映画が公開されるそうで、その主題歌に石原夏織さんのアルバム曲からタイアップされるそうで。初タイアップ。
怪獣娘のプロジェクト自体は何年も前から作られていて、今回はその一環らしい。ラブライブ声優が

なんでこういったタイアップとれたのかなとか行く前は思ってたのですがこのイベントの視界が「ポニーキャニオンの~です」とか言ってたので少しは察しました。いやありがとうございます。


イベント自体は顔合わせのような、概要説明とこれからに期待してください!みたいに40分くらいで終わる感じの内容でしたが、なんか終演後にお渡し会やるそうで。


…お渡し会???

正直なんでこのよくわからんイベントでお渡し会するのかよくわかりませんでしたが、受け取れるものは受け取りましょうね~の精神。あとリリイベの方のお渡し会当たらなかったからその分ラッキー!

登壇してた声優さん全員から一枚ずつポストカードっぽい何かを受け取りました。ラブライブ声優とか特に初めて見ましたけどなるほどなといった感じ。語彙。

何よりも良かったのが石原夏織さんが最後だったことかな~ 
〆で「また来てくださいね~(営業スマイル)」
ぼく「ハィゼヒ…」 チョロイな~(2回目)

これだけで2000円以上の価値がある勝ち組になれました(*´▽`*)

知識ゼロのまま映画を観るのはヤバい気もしますけどそれもまた面白そうなので11月の下旬、覚えておきましょう。






 ささかまリス子爆誕フェス~秋葉原Bon Voyage~

今年のささかまリス子生誕祭は、ディアステの仲間をはじめ所縁のあるアーティストを集めたディアステ初のサーキット型! 

ディアステ全館リスフェス一色!
出演者がそのままフロアに登場!?2,3階はスタンディングキャッシュオンでの営業となります。



ごきげんようジャパン、いかがでしょうか
8/19はリスフェスがありました。サーキットフェスっていうのは会場ごとにタイムテーブルが用意されていて、観たいアーティストが別の会場に居れば今の会場を離脱してそっちに行ける、みたいな感じです。リスアニPARK行かなかったので初めてのサーキット型ってなるのかな。

半年くらい前まではまさか秋葉原ディアステージに行くことになるとは思ってませんでしたよね。人間堕ちるところまで堕ちていけ。
会場に到着した瞬間物販から出てきた感じのオタクたちがわんさかいてランダムチェキ交換会みたいなことしてました。さすがにこれは僕にはレベル高いかな~、コミュ障なので。




タイムテーブル

ris


とりあえず星咲花那さんを観れたら観て、あとは右のZESTってところにずっと居続けようかな~といった計画にしました。
人に付いていってDearStageに入場しようとしたらちょうど僕たちの後ろで入場規制がかかりました。ラッキーなのか…

①ディアガオールスターズステージ
オープニングみたいなこともあり結構人が出てきました。おそらくオリジナル(ディアステージさんで出してる感じの曲?)なのでしょうがあんまり分からない(((けどフェスなので盛り上がっていこうじゃないという話、無駄に乗りました。イェッタイガーにはついていけないけど…

②2チェキ会
参加しないけど会場残って良い雰囲気だったので待ってみることに、あとトイレタイム。
そしたら予定変更で会場から出て並び直せ!ということに。これは草。運営のガバガバ具合を目の当たりにした。

並び直して入れないかな~とか諦めてたらまた僕たちのちょうど後ろで入場規制がかかりました。持ってるな。

③閃光プラネタゲートに未来みき。 劇団ディアステージ
劇団ということで芝居も含めたステージ。
男装ユニット「閃光プラネタゲート」に未来みきさんが入るかオーディションする、が前半
オーディションの結果謎の人物が加入してそれがみきさんだった!みたいなのが後半

持ち曲歌ってる時に衣装がめっちゃ光り出してこれが閃光か!ってなった(違う
あとオーディションのときに急にみきさんが「ようこそジャパリパークへ」歌い出して笑ってしまった。あにてれの力かな?


④ENGAG.ING
「エンゲージング」と読むそうです(登場の時初めて知った) 結婚やん!
後で調べたら君は誰とエンゲージする?とかいうキャッチフレーズがあってそういうことだったらしい。


この前のスウィーニーさんみたいなのとはまた違う感じ(語彙)
名古屋では更に別のアイドルを見ることになりそうなので謎知識が増えるね!

⑤星咲花那
「No Buts!」とか「プラチナ」とか歌い出して僕でも知ってるやん!
ただプラチナはなんか僕がアニメで聴いてた部分歌ってなかったかなとかぼーっと思ってたら、後で一緒にいた人に「歌詞1番の時も2番歌ってた」らしくてそういうことだったらしい。
夜のムジークは唯一の持ち曲ってこともあってどこでも必ず〆にしてるのかな。

やっぱりアイカツスターズ!の頃しか分からない分、歌は格段に上手くなってると思います。

…終演後お使いを頼まれて、チェキ籤ならな~とか並んでたら、オタクってみんな2チェキ撮るものだそうで。「いや僕はそうじゃないんだけど…」とか言ってたら「並んでランダムチェキだけ買って2チェキ撮らない人は居ない」とか言われちゃってw

…不肖私め、2チェキデビューいたしました。

いや自分でもびっくりだよ。

かなさん「あれ?初めましてですよね?」
ぼく「そうですね、はじめましてですね(」
かなさん「お名前は…」ここで撮影
ぼく「名乗るほどじゃないですw 知り合いに誘われて来て…今日良かったです、応援してます!」

…みたいな感じだったかな。チェキとか撮ったことないから演者と同じポーズとか暗黙の了解とかあるんですかね?とにもかくにも思わぬ形で経験してしまった…

見たい方はそれなりの対価お待ちしております(*'▽')


ここで会場移動、ここからはピンで行動していきます。

⑥町あかり
…会場に着いたら異様な光景?が広がってました。歌ってる人がピコピコハンマー持ちながら前に居るオタクたちの頭を叩き始めたんですよ…






こういうことらしいですw
アイドルばっかでありえんごった返してたDearStage会場とは打って変わって、比較的なごやかな雰囲気で行われてたのも面白かった。
結構耳に残るフレーズが多いし、思わぬ収穫といった感じ。


⑦Mia REGINA
…オタクがいっぱいやってきました。
リス子さんの生誕祭ということもあってソロ曲であった「ハバネロ」を3人で歌ったり、新曲「純正エロティック」を披露したりと前回行ったアニディアとまた違って新鮮でした。

Heart of goldが今一番また聴きたいなあ…


⑧有馬和樹(おとぎ話)
自分の時間前から出てきてフライングで弾き始める、なかなかパンチが強い。
いろいろメタってくる歌詞。客アオリ、そのどれもが面白い。
リス子さんとのコラボもありで充実してた。

…まあこの時点でもうこの会場にはこの人目当ての他にはトリ待ちの人しか居なかったと思う。

⑨望月みゆ(バンドじゃないもん!)
このグループといえば…昔八◯子のカラオケ館のビジョンで、どっちがグループ名だよってなったり本当にバンド関係ないのかってなったり…何年前だ?
それはともかく…なんと本日二回目(劇団のときに2回歌ってるので三回目)のジャパリパークが流れてきた。しかも踊ってみたらしく歌わないやつ。
けものフレンズ1話しか観とらんのよな(
https://lineblog.me/mochizukimiyu/archives/1304849.html

「アイスクリームになりたいの♡」 「\俺もー!!!/」


⑩トランザムヒロシのヨガレッスン

…ヨガ?
ギターの演奏と共にヨガ講師、トランザムヒロシさんが現れて狭い会場の中でマジでヨガをやりました。この時に残ってるのは「ほぼ」確実に次の人目当てしか居ないと思うので異様な光景。

20167

ここから寝転んだり、足を上げたり、座禅したり…
寝てくださいっていって会場の照明全部消して無の空間が出来上がったり…これライブ会場ですよねw
でもヨガなんて普段全くやらないものなので、これも新鮮で楽しかったです。
次やるかと言われたら…ねえ?



⑪松岡ななせ
時刻は21時。かれこれ8時間は立ちっぱで永遠にライブ。やっとですよね…
登場からクライマックス。

「キズナ Sparkling World」


あえて推しと本渡楓様が歌ってるやつ。本家と合わせて実質コラボ。

「秘密のクチヅケ」

Mia REGINAさんのカバーで「My Sweet Maiden」


そしてオリジナルの「アンノンフィリング」。
ヨガパワーでブチ上がりました。いやヨガ強いわ。

終演後の物販ではまた接近イベントだし、
そろそろ近くに居ても喋れるメンタルが欲しい…


☆まとめ
ここまでライブ三昧なのは初めてだったし、飽きもこなかったので本当に楽しかった。
本拠地(表現)ということもありアウェー感凄まじかったのは否めなかったのですが、ライブはライブ、フェスはフェス、楽しまなきゃ損ですね。VIP様の待遇(強制的に前方へ向かうことができる)とかは格差社会の頂点って感じがしてこれもまた一興。
普段好きな物しか観に行かないタイプの僕でも十分楽しめたし、サーキット型の良さを十分に味わえたかな、と

推し変する!みたいなことがないのは安心かなw


…そして名古屋でもリスフェスが開催されるらしく、なぜか出演が決まったしチケットも当たったので名古屋へ行っちゃいます!名古屋こそアウェー感。
今度は完全ピンだしどうなることやら…







ついにこの時が来た。
ごきげんようジャパン。いかがでしょうか 
今回は石原夏織さん生誕イベント「Career up Carry」についてです。

いやいや、今回も昼夜当たって本当に良かった…
行けなかったらね、もうどうしようかと


☆会場
山野ホール。南新宿って新宿からめっちゃ近いやん(それはそう)
始発から近いから小田急が軒並みノロノロ運転してて踏切が長かった。

会場に近づく度に物販Tシャツが多くなってきて、ああ、帰ってきたんだなあといった感じ。一年前では考えられませんでしたよね。ちょうど昨年は休止()してすぐだったかな


☆概要 昼夜ほぼ共通

MCは鷲崎健さん
誕生日プレゼント獲得企画 クイズ石原夏織⇒大人の作法的なクイズ⇒料理企画

ステージ準備(愛犬との映像)

ミニライブ

といった感じ。

クイズ企画は過去の発言を中心に全3問。正直自分が何言ったのとか普通覚えてないもんだよねw
3問目には縁のある人物からわざわざ聴いてきてて笑ってしまった。(1部は母、2部は小学校の先生)
ポニキャンの本気か?

大人のマナー的なものは名刺の渡し方とかネクタイの絞め方とか声優のお仕事ではやるのかな?って話。そういえばネクタイといえば画像検索すると…(以下検閲

料理は悲惨でした…というか題材が厳しい。巻き寿司を切ったら模様が出てくるようにする…とかぶっつけ本番じゃ難しいのでは?まあそれを抜きにしても巻き寿司のキャパをオーバーしてましたがw

オタクは優しいので忖度だらけでお題クリア。いいのか(いいのです

☆ミニライブ
Blooming Flower
なんといってもデビュー曲。爽やかさ、かわいさ(美しさ?)、全部兼ね備えたホントデビュー曲には十分すぎるくらいの全部盛り。改めてソロデビューさせてもらえたことに感謝しかない。

半透明の世界で
バックの映像も半透明のように映像と顔が重なってたのは印象的w
やっぱり青一色に光が出てくるのも懐かしい老害になってる。AJ Nightとか行ったやんけお前。

-ダンスパート(Ray Ruleのバックダンサーさん)-
通称夏織ダンサーズ(自称)。ダンスもさることながら、バックの音楽がゴリゴリで僕好みでしたw
これからRay Ruleの時はダンサーありきになるのかな?

Ray Rule
最高。神。信じてた。曲もダンスも難しいのに完璧だし、美しい…
今まで無かった「ダンサー」の存在がとても大きいですね。息の合った踊りが映える映える
こういうタイプの曲って光る棒振るよりDJよろしく手でノッたほうが更に楽しいと思うけど個人的な意見なので勝手にやっときます( 

Untitled Puzzle
ダンサーズが引き続き踊ってたのもあって、AJで見たときは全然印象が違いましたね。
ここまでの4曲、どれも全て違う方向性を示してる(みたいなことは前の期自慰でも書いた気がする)のですが、そのどれもが夏織さんらしく、魅力を引き出してると思ってます。

Blooming Flower(2回目)
そして〆。オタクは何回も聴くと学習しますね(*'▽')


昼・ちょっやっにゃっ!



ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!















小豆の管理人は死にました。探さないでください。










…いや、小豆梓ちゃん!?
正直な話、前日にキャラソン1曲や2曲来るかな~とか思ってしまったので寝る前に全部のキャラソンおさらいしててよかった。
しなくても変猫は大好きでしたからね。思えば2巻のあの小豆梓ちゃんの表紙で表紙買いしたのはもう何年前なんだ…考えたくないなぁ(
アニメになって、キャラの声優が決まって…あぁ 





夜・運命は2度ベルを鳴らすんです

な、中妹~~~~~~!!!????
そもそも印象に残ってるキャラだったのが驚きだよ!
中妹といえばやっぱりStylipSの「Choose(検閲
この頃は沢山キャラソン出てましたよね。願わくはキミのもとへ!かLittle Prayが聴きたいけど…さすがにそんな機会はもう無さそうだが(






☆まとめ
ミニライブとはいえ、こんなにたくさん歌ってくれるだけでありがてえ。
ソロデビューが決まってからイベント落ちたり、鬱状態から浮気?(推し増しという形になりそうです)したり、忙しくてラジオ全然聴けなかったり…色々ありましたが、こうやってイベント行くたびに良かったと思ってしまう辺り、浅いオタクからは卒業できそうになさそうですねw

あと!!

アルバム発売決定しました!!

1stライブ決定しました!!!!


ありえん楽しみ(顔文字略)
新曲が一気に増えてそれ引っ提げながらライブ…
年末の楽しみが増えますね。当たれば。毎回当てることが一番苦労するw



そしてあんまり公式で触れてなかったから忘れてたけど、その翌々日に謎のイベントがあったから勢いで申し込んできましたw 平日2000円なら許容範囲?


増してしまったせいでこの翌日にリスフェスがあるから3日連続オタクイベントとか初めてでしたがそれはまた次の記事で。










 




レイルール、ハツバイサレマシタ!!
ピーブイカッコイイ!!!!!!!
ボク、ダンスダイスキ!!!!
ウオオオオオ!!!!


…だけだとさすがに浅すぎるのでもうちょっと書きます。
ごきげんようジャパン、いかがでしょうか

石原夏織さんの2ndシングル、「Ray Rule」についてです
といっても初解禁されてからずーっと待ってました。そして上記のMVが好きすぎる…

ダンスがスキというのも何度も言ってるのですが、今回は某時代も含めて初めてバックダンサーがついて華があります。「NEO SIGNALIFE」や「VIVIVID PARTY!!」を思い出させるような…そんな感じでしょうか
個人的に好きな部分は「手を握り返してくれたら~」の脚を交互に出しながら手を交互に握るところと、ソロの部分の円を描いてるような部分です。伝わるかな!?



カップリング「半透明の世界で」も良いですよね。
キミの背中を~(間)
夏の匂いがした(間)
半透明の世界で ↑ ここの歌の間が好き。なんか変なとこばっか気に入ってないかこれ…

それにしてもカップリングにもここまでやってくれるなんて太っ腹。
これまで出た4曲どれも違う夏織さんの歌が見れて(聴けて)、様々な可能性が拡がってるのを感じています。ありがとうポニーキャニオンさん様…


リリースイベントと誕生日イベントがありますが、
正直最近浮気()が激しいので当たらないかも…







このページのトップヘ