小豆37.25グラム

万年小豆色ブログ/最近は感情に任せて書きがち

カテゴリ: 漫画


百合を論じる先輩につられて書きたいけど文才が無い。
そもそものきっかけが「表紙買い」だし…

完。先輩のような文章は書けない。
完結したら書きます。


やがて君になる(6) (電撃コミックスNEXT)
仲谷 鳰
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2018-09-27



というわけで「やがて君なる」の6巻が発売され、豊洲で声優も登壇する第1話先行上映に行ってきました。推しが全く関わらないイベントも珍しいもの(この前の酒漫もそうか)

ネタバレになるので内容は言えないのですが…
原作の雰囲気をしっかり捉えていて、一つ一つの表情や行動の「間」が味を出していると思います。ここは読んだ時のコマ割りとかでも感じてたところ…
1話はOPがEDパターンなので、2人の歌うEDも早く聴きたい。

20966



アフタートークでは「高田さん」の色々な所が見れてなるほどな~ってなりました(意味深)

ゲーム「怖いものが怖くなくなるような演説」では茅野さんの演説にびっくり。
「オバケ」が怖くなくなる内容だったのですが、自分の出演作品と絡めてきて(め◯まやめ◯ねえのことです)会場が爆笑。ずるい。


20160426205628
画像忘れてました!



キャラデザに関しては、強いて言えば眼が気になるかな?ただそれくらい。 
これは毎週金曜日は正座で待機ですね…あとはどこまでアニメになるのか、劇までやるのかな…?







さてさて、6巻の内容ですが…

いよいよきちゃったが第一印象ですね。
「先輩はもう大丈夫」「私が居なくても大丈夫」ということは「
私は先輩の特別じゃなくてもいい?」ということになるわけであって、
そしたら自分の想いはどうするのか、零れる感情を抑えきれない。ということで。

燈子が知ろうとしなかった「居場所」を見つけていく。
侑の「好き」ってなんなんだろう?
これからの侑と燈子、そして沙弥香の関係は?

告白をしてしまった今だからこそ、更に物語が動いていきます。
上手い言葉が見つかりませんが
「好き」を知らなかった侑がこの「好き」の感情をどうしたいのか、
それが今後目が離せないかと思います。

それにしても、何もかもコマもの表現も表情も上手すぎて困っちゃうな…



これ書いてるの2か月後なんですよね。
ここでは6月に行われた「酒漫2」のイベントについて書いていきます。
(書きかけなので写真は後で載せます)

☆まず酒漫って何ぞや?

 http://sakebitari555.seesaa.net/?1439084649
 
『中道裕大』『モリタイシ』『麻生羽呂』のおっさん漫画家3人が
普段漫画には描けないような日々aaaの暮らしを赤裸々に告白するラジオです。

 『アラフォー漫画家たちの酒浸りな漫談 エピソード2』中道裕大、モリタイシ、麻生羽呂のおっさん漫画家3人の酔っぱらいラジオを配信するアカウントです(Twitterより)

この3人は元親サンデーだった僕にはたまりませんな~
そして今回のリアルイベントでは、ゲストに「アントンシク」先生と「福地翼」先生が出演するということで…
僕が漫画やアニメを見るようになった原点である作品「うえきの法則」の作者に初めて会えるかもしれない!ということでこれは逃せない、チケットを取っていきました。


☆会場
阿佐ヶ谷のバー、場所が分かりづらくて迷いましたw地下だった…
大体200人くらいいたかな?ソールドアウトということで。


☆概要
「漫画を描いてるときのアレコレ(裏話)」や、
「質問コーナー」
「せっかく5人漫画家が集まっているのだから、新しい漫画をこの場で案を出し合って見ないか」といったコーナー。

打ち合わせの時の衝突の話(ファミレスでものすごい長い時間討論)とか、キャラの描き方とか、こだわりとか。ここでしか聴けない裏話が満載で、新鮮でした。
福地先生が「サイケまたしても」のキャラを描きながら自分のこだわりを生で見れただけで最高。ものの数分で何度も見たサイケのキャラが現れて「おお~(語彙力)」って感じ。
アントンシク先生も短時間で味わいのあるキャラを描いてて、「恋情デスペラード」読んでなくてすいませんでした…ってなった((


新連載案コーナーでは単語を出し合って、それを組み合わせて新しい話ができないかといった会議のような感じ。「掃除マンガってあったっけ?」「田口(ケンジ先生)が描いてる汚物は消毒です(サンデーうぇぶり)あるじゃん」とか、「からかい上手の高木さん」への嫉妬満載で腹抱えましたw

やっぱりサンデーについてアレコレ知ってると面白さが倍増しますね。


来てよかったです。というか逃してたら2度と会えないかもしれませんからね~
これあったので石原夏織さんが出てたサーキットライブいけなかったのですが、数分のために〇千円が飛ぶのを考えると躊躇ってしまいましたね(オタクじゃないので他が分からない

原点からさらに昔の原点ですからね。








久しぶりにラストゲーム一気読みしたらありえん感情移入してしまって泣きかけた。
久しぶりに暁月のメモリア読んだけどやっぱ本編でもやるべきなんだよな~とか。





正直「アド アストラ ペル アスペラ(長い)」よりかはまだマシと思います。
ただ畑くんの新婚を考えると奥さんのこと考えながら描いてるのかな~とか、妄想垂れ流しかな~とか、悪い方向にしか想像できないのがダメ。時期の問題といえばそうだし、「アド~」の連載放置しておいて新婚漫画描くのか?とかそういうところですよね。

某アブなんとかのコミカライズで休載されて他の雑誌でずっと描き続けてるとかやられた経験があるのでこういうのには厳しくいきたいです。

あと乗っかって婚姻届けとかダウンロードできるとか寒くないですか?寒いか。
主人公にもいまのところハヤテ君並の特徴がないからまだ気持ちとかがわからないし(それもアド~よりマシですが)、まだまだ物語が始まったばかりなのに先が少し読めそうなので裏切ってくれるかな…無理か。



マガジンで新連載だった大高先生のやつ、どうしてもマギっぽさが見えてこれもどうなるんかな…とか、ジャンプ最近全く知らんから何が連載されてるんだろうとか、漫画すら趣味から離れていってる気がする… 今度漫喫でも行くかな


 



祝!「やがて君になる」アニメ化!!!
祝!セカンドシングルタイトル決定!!

…という感じでおめでたい。そういや5巻の感想書いてない。
ごきげんようジャパン いつも通り、いかがでしょうか。

雑記ゾーンはいつもの雑記です。
「お渡し会」「ラゾーナ」と行ってきたのですが余裕を見つけて書きます。

☆漫画
綺麗にしてもらえますか。(1) (ヤングガンガンコミックス)
はっとりみつる
スクウェア・エニックス
2018-03-24


久しぶりに表紙買い~からの作者はっとりみつるでひっくり返った。
「クリーニング」が題材ってところがまず珍しい、そして主人公の金目さんかわいい。
出会いもあり、クリーニング知識もあり、ほのぼのあり…
系統としては「ひまわりさん」に似たものがありますよね。こういうのに弱すぎる…

あとはくろは先生の「有害指定同級生」がついに単行本になったので買ってしまったのと怜3巻とか新米姉妹5巻とか…

☆アニメ
今期はSAOのスピンオフとヒナまつりだけは毎週チェックするようにしました。あとは…わからん。アイカツフレンズ!始まりましたがまだ本当に何とも言えない。まだわからないことだらけだからなぁ…

思ったより書くこと少なかった。チケットどうせ当たらねえよな~とか考えるだけで運のなさを呪いたくなってくる。



 



あけてました。おめでとうございました!
賢竜杯終わってました。お疲れ様でした!

全てが過去になってる。改めてこんばんは、明けましておめでとうございます。今年も更新はしていくつもりではあるので、読んでる奇特な方々はよろしくお願いいたします。

さて年末から1月初めにかけた出来事といえば…
アイカツスターズ!のライブツアーなんですがこれはとりあえず後日書きます。


☆同人誌デビューしました。
描く方ではないです。というのも推し関係なのですが、コミケで販売する新刊にドラマCDがついてくる!のドラマCDに出演してるということで、何とかして(コミケに行かずに)手に入れる方法を模索しておりました…その結果、偶然そのサークルの別の新刊目当ての人がいらっしゃったので、頼み込んで買ってきてもらうことに成功しました…いや、本当に感謝しかないです。

ねことうふさんの「お兄ちゃんはおしまい!」
https://www.pixiv.net/member.php?id=159912

引きこもりのお兄ちゃんが朝起きたら性転換してた!ってお話です。
石原夏織さんはそのお兄ちゃんの妹役を演じております。

読んでみたらシンプルで面白かったです。女性になった時とかの悩みがリアルすぎる…w
時間が経ったら元に戻るのは本当なのか、それともお兄ちゃんがそのまま受け入れてしまうのか、注目です。
ちなみにアイカツ!の方の同人誌もデビューしました。絵の好みがハッキリ現れてます。


☆漫画



ついに買ってしまいました。
読んでみるとなるほどこりゃ人気出るわ~と納得。ニセコイ(というか古味)信者であるが故に比較されすぎてて当初は何だかなとは思ってましたが…
まず、目的がはっきりしていること。「天才たちを天才の分野ではない方向へ育てていく」過程がしっかりと決まってて、そして少しずつですが成長しているヒロインたち。(恋心のせいか混乱することもありますが) そして主人公もどうすればいいのか、ヒロインたちの悩みに真剣に向き合っているところとか…一条君には色々と出来なかったことだらけなんだなあ
学年だけ重ねていって結局駆け足で残念な結末になってしまったニセコイもちゃんとしてればなあ…

というわけで、この後本番である受験までどのように進んでいくのか、そして恋とか発展するのか、結末を含めて気になるところです。


球詠 3巻 (まんがタイムKRコミックス)
マウンテンプクイチ
芳文社
2018-01-18


表紙は「あの」中村さんです。ナカムラではない。
ついに地方予選が始まるのですが…練習の成果もあって、ちゃんとチームとしてまとまっていく姿が見受けられました。ピッチャーも一人だけでなく、先を見据えて数人候補を擁立したりとか、主人公の打率が.050のせいか9番に下げられてしまったこととか(

そして野球初心者だった子たちが一気に開花する巻でもあります。
白菊のえげつない打球は観る価値あり。

そして何といっても川口息吹ちゃんたむたそ~~~~。キモい。
他人の物まねがうまく、どんなことでも器用にこなしていく姿だけですでに初心者の域を超えてるのですが、今回はアンダースローで登板します。びっくり。その時のキッと集中した時の顔がたまりません。またキモい。
対戦相手の影森をどう攻略していくのか、これも注目ですね。


パソコンの外付けのDVDプレーヤーを買って漸くCDとかを取り込めるようになりました。いきなり壊れるから… 
下旬は賭ケグルイ、やが君の新刊が出ます。豊作って感じ。


ぱよぱよはオンエアまで語れないから、また適当にさらっと書いた記事になりそう…
今年もフリースタイルで。



 

このページのトップヘ